カラコンの含水率について

カラコンは瞳を大きくして、女性らしらを引き出してくれるアイテムとして、女性の中ではオシャレの一つとして愛用しておられる方も多いですね。
カラコンを買った経験のある方は、誰もが”含水率”という言葉を目にしたことがあるでしょう。
よく言われるのが、目の健康を保つのに、コンタクトをするなら目に酸素を通してくれるものを選ぶようにとアドバイスされますね。
そこで、水に酸素が含まれるから、含水率を見たら酸素を通してくれるものだと信じていることも多いかもしれません。
”含水率”のおおよその意味は、なんとなく「コンタクトに含まれる水の割合?」くらいに字のごとく理解できますが、
高い方が良いのか低いほうが良いのか、どちらも売っているということは、それぞれにもメリットとデメリットがあるのではないかと感じられるのではないでしょうか?

 

では、自分に合ったカラコンの含水率を比べるときに、他に何を見れば良いでしょうか?

 

含水率の高いカラコンのメリットとデメリット

含水率が高いことのメリットは、水分量が多いので、装着感がよく、異物感がしにくいです。酸素も良く通すので、角膜に良いとされています。
デメリットは、コンタクトに水分を必要とするので、涙を吸収されてしまい、ドライアイになりやすいと言われています。

 

含水率の低いカラコンのメリットとデメリット

含水率が低いことのメリットは、ドライアイになりやすい人にとっては、涙をコンタクトに吸収されにくいと言えます。
ただ、コンタクト自体の含水率が低いと、装着感がゴロゴロしやすいと感じる点が、デメリットになってしまいます。

 

カラコンの材質

説明書にも材質は記載されていますが、使用後の変化を見ると、カラコンの種類を判別できます。
それは、一日使い捨てコンタクトなどで、使用後に放っておくと固くなってしまうものが、普通の素材であるのに対して、
柔らかいままなのが、シリコーンハイドロゲルというものです。
一般に含水率の高いものは酸素を良く通すのと、コンタクトが優しく目にフィットしやすいので目に良いとされていますが、
ドライアイになりやすいというデメリットを考えると、材質自体が酸素を通してくれるシリコーンハイドロゲルは、含水率が低くても柔らかいままの素材なので、
ドライアイになりやすい人は、目のフィット感が良いシリコーンハイドロゲルを試してみると良いかもしれません。

 

一概に”含水率”の高さだけで目の健康が保てるかどうかということは言えないので、自分の目にどんなカラコンが合うか、カラコンの材質も考慮に入れて選び、
安心して目のおしゃれを楽しみたいですね。