MENU

快適にカラコンを使うにはベースカーブが重要です

カラコンは色だけで選ぶべきではありません。
カラコンは、近年ファッションアイテムの1つとして多くの人に人気がある商品です。
しかしカラコンは高度医療機器の一種であり、使い方を誤ると目に病気や障害を負ったり傷がついたりして最悪の場合は失明することもあります。
そのためカラコンは自分がなりたいイメージに合わせて色や大きさだけで選ぶのではなく、自分の目に合ったカラコンを使用することが大切です。
自分に合ったカラコンを選ぶためにはいくつかの数値を見て選ぶ必要がありますが、中でもベースカーブというものは重要です。

 

カラコンのベースカーブとは

ベースカーブとは、カラコンをはじめとしてコンタクトレンズ全般に必ず付けられているカーブの度合いを表す数値のことです。
ベースカーブの値が大きいほどカーブが緩くなっていて、逆に値が小さいほどカーブがきつくなっています。
眼科などでコンタクトレンズを購入するにあたって目の検査を受ける場合は、必ず自分の目のカーブの度合いについて測定します。
カラコンはベースカーブを気にしなくていいこともあります。
ベースカーブはどのコンタクトレンズにも表記されているのですが、カラコンに関してはほとんどがソフトコンタクトレンズであるので、少しくらい自分の目のカーブと値が違っていても何らかの違和感を覚えることが少ないです。
それはソフトコンタクトレンズが比較的柔らかい素材でできているためです。
ただカラコンのベースカーブの数値の設定は1つしかないか、あっても2種類程度とかなり少なくなっているので、極端に自分の目のカーブの数値とかけ離れたカラコンを使用すると快適に使用できない場合もあります。

 

カラコンのベースカーブが極端に合わないとどうなるか

当然ながら人によって目のカーブの数値は違うものです。
もし眼科などで検査を受けずに自分の判断でカラコンを選んで購入する場合は、商品のベースカーブと自分の目のカーブが極端に違い、うまく合わせられないというケースも出てきます。
もしカラコンのベースカーブが極端に合わないと、どんなに柔軟性があったとしてもカラコンがずれてしまったりして不快に感じることがあります。
またカラコンは中央部が着色されているのですが、ベースカーブが極端に合わないものを使った時にはカラコンがずれて瞳の位置まで一緒にずれてしまい、見た目が怖くなってしまうこともよくあることです。
なので快適にカラコンを使用したい場合は、できる限り眼科で検査を受けたうえで自分の目のカーブの数値に合わせたカラコンを使用するのが望ましいことです。

カラコン人気ランキング

人気芸能人のカラコンレポ

ワンデーカラコンの口コミ

ナチュラルカラコンの口コミ

盛れるカラコンの口コミ

人気のカラコンの種類

人気のカラコン通販

カラコンについて

このページの先頭へ