MENU

ワンデーカラコンの連続装用は危ない

今の時代、ワンデーカラコンは安価ですぐ手に入るので重宝している人も多いです。
しかし、勿体ないからと言って長期装用していませんか?その装用は目を痛めてしまう原因となってしまいます。
今回はワンデーカラコンを長期装用してしまうとどのように悪くなってしまうのかご紹介します。

 

傷付きやすい

ワンデーのカラコンは2WEEKや1ヶ月用とは違い、レンズが薄く作られています。
なのでレンズの耐久性が低く作られており直ぐに損傷してしまったり、乾いた時や長期装用していく中で変形してしまうです。
ワンデーなので擦り洗いをしないという前提で作られているので薄く作られているのですが、擦り洗いしてしまうと目に見えない細かい傷がついてしまう場合もあるので知らず知らずの内に目を傷つける原因になっているのです。

 

色が漏れ出る可能性がある

先ほども説明したように、ワンデーカラコンは薄い作りになっています。
長期装用するために擦り洗いをすると傷を付けるだけでなく、カラコンのカラー部分の色が出てくる事もあるのです。
見た目で判断するのは難しいのですが、そのカラコンを長期装用すると目が充血してしまいます。
カラコンの着色部分は目に影響のない着色料を使用している会社が多いので心配は無いのですが、カラコンの劣化・変形が起こっているので直ちに使用を中止しないといけません。

 

菌が繁殖しやすい

保存液で擦り洗い・保存をすればいいと考える人も多いですが、ワンデーカラコンはそれでも使用してはいけません。
ワンデーカラコンは使い捨てなので保存するような作りにはなっていません。
なのでいくら洗浄液を使用して洗浄・保存しても菌の繁殖を抑える力は気休め程度でしかないのであまり意味が無いのです。
更に菌が繁殖した状態でワンデーカラコン長期装用すると傷ついた場所に菌が入り込み目の痛みや痒み、病気の原因となってしまいます。

 

長期装用を続けると出る症状

・目やに、涙が出てくる
目が乾燥しやすくなっていたり、傷がついていると充血して目が染みてくるので涙や目やにの原因になります。

 

・カラコンが外しにくい
乾燥しやすくなるのでカラコンが目に張り付いてしまうようになります。無理やり外すと、目を傷つける原因になってしまいます。

 

・視力が下がる
カラコンの傷のせいで目が深く傷ついてしまったり、炎症を起こしてしまうと視力低下の原因となります。

 

使用方法を守って装用しましょう

2WEEKなどを使用してからワンデーカラコンを使うと勿体なく感じてしまう人も多いとは思いますが、そこから重大な病気の引き金にもなりかねないので一日という使用期限を守るようにしてください。
カラコンでのトラブルは少なくないですし最悪、失明の危険性もあるので目に異常・違和感が表れたらすぐ病院に行くようにしましょう。

 

 

 

カラコン人気ランキング

人気芸能人のカラコンレポ

ワンデーカラコンの口コミ

ナチュラルカラコンの口コミ

盛れるカラコンの口コミ

人気のカラコンの種類

人気のカラコン通販

カラコンについて

このページの先頭へ