レーシック手術後のカラコン使用について

カラーコンタクトレンズいわゆるカラコンは、派手な色だけでなく、つけているのさえ分からないような自然な色のものまで、様々な種類が出ています。

 

最近では、自然な色で目が大きく見えるものなどもあり、日常的に愛用している人も増えたのではないでしょうか?
とはいえ、視力が悪くて日常的にコンタクトレンズをしている人は、コンタクトレンズを外した後や起床時など、不便だと感じる人は多いはずです。
そのように、視力が悪くて毎日コンタクトレンズやメガネを使用している人なら、一度はレーシック手術を検討したことがあるでしょう。
けれど、レーシック手術をした後、カラコンを今までどおり楽しむことができるのか不安ですよね?

 

レーシック手術後、カラコンは使用できるのか?

レーシック手術後、カラコンやソフトコンタクトレンズは、1ヶ月程度経過すれば使用可能のようです。
ただし、期間はあくまで目安なので、術後の目のコンディションが良くない場合や、ドライアイが解消されない場合などは、1ヶ月経過したからといって、自己判断で使用開始しないようにしてください。
もちろん、1ヶ月経過してからの目のコンディションが良い場合でも、自己判断で使用を開始するのではなく、医師に相談してから判断するようにしましょう。

 

レーシック手術をしてすぐカラコンを使用するとどうなるのか?

レーシック手術をした直後の目は、角膜が不安定な状態にあります。
ですので、術後すぐにカラコンを使用することは、目を傷つけたり、感染症を引き起こす可能性を高める行為だと言えます。
せっかくお金を出して手術をしたのに、このような目のトラブルを引き起こすような行為を、自らしてしまっては元も子もないですよね。
目のトラブルを引き起こさないためにも、レーシック手術をしてすぐはもちろん、術後1ヶ月以内の使用は、絶対にしないようにしてください。

 

レーシック手術後のカラコン使用の注意点

カラコンは着色料が含まれているため、普通のソフトコンタクトレンズよりも乾燥しやすくなっています。
ドライアイ用の目薬を使ったり、加湿器で室内の湿度を適度に保つように心がけてください。
また、オシャレ目的のカラコンは、普通のソフトコンタクトレンズよりも品質に問題があるものもあるようです。
酸素透過性の悪いコンタクトレンズを使用すると、角膜が傷ついたり感染症を引き起こす原因となります。
手術前まで使っていたからや、安価だからという理由で安易に選ぶのではなく、医師と相談しながら、安全性が確かなコンタクトレンズを選ぶようにしてください。