MENU

カラコンで目の痛みを感じてしまう原因と対処法について

カラコンの使用はトラブルが起きやすいと考えておくべきです。
カラコンはコンタクトレンズの一種であり、目に直接装着することで視力矯正をするだけでなく瞳の色や大きさを変えたりできるものです。
それ故にカラコンの使用中は、目にトラブルが起きやすいということを前提に考えて、医師の診察をきちんと受けた上で安全性の高いカラコンを使用しなければなりません。
カラコンを使用していて目の痛みを感じる原因としてはさまざまなことが考えられます。

 

カラコンにほこりが付いていると目の痛みを感じやすいです。
カラコンには1日使い捨てのものや一定期間使用可能なものなど種類はさまざまですが、特に一定期間使用可能なものに関しては、装着したり外したりする過程でほこりが付いてしまい、そのまま目に付けてしまうと痛みを感じやすいです。
この場合は装着液や洗浄液などでカラコンを洗浄すると、ほこりが取れることが多いです。
またカラコンを装着する前には手を洗わなければいけませんが、その際にタオルで手を拭いたりするとタオルに付着したほこりなどが手についてカラコンにまでほこりが付いてしまうこともあります。
カラコンを装着する前に手を洗ったら、タオルで手を拭くよりもペーパータオルで手を拭いたらほこりが付きにくくなるのでおすすめです。

 

カラコンに傷が付いていると目の痛みを感じやすいです。
カラコンはほとんどがソフトコンタクトレンズであり、ソフトコンタクトレンズ自体傷が付きやすいものです。
傷が付いたままのカラコンを目に装着してしまうと、当然ながら目の痛みを感じやすくなってしまいます。
カラコンを使用する際はきちんと状態を確認して、傷のようなものが確認できたら絶対に使用せず、新たなカラコンを用意して装着する必要があります。
ただカラコンの傷については目には見えない状態の傷でもひどく痛みを感じることがあるので、カラコンに傷が付いているかどうかを確認しにくい場合もあります。
そのような時はまずカラコンを目から外した時に目の痛みを感じないことを確認し、ほこりが見当たらず、洗浄し直して装着しても痛みを感じる場合には傷が付いていると考えて別のカラコンを使用すべきです。

 

目に何らかの疾患を抱えていることがあります。
カラコンはコンタクトレンズを使用している時と同じような目のトラブルが起きることがあります。目に雑菌が入ったりして炎症を起こしたり、傷の付いたコンタクトレンズを使用してしまって角膜が傷ついたりすることもあります。
またカラコンは1日使い捨てであれば、翌日には新たなカラコンを使用しないと目に何らかのトラブルが起きやすいです。
このように目に何らかの疾患がある場合はカラコンを外した後でも痛みがなかなかひいていかない状態なので、なるべく早めに眼科を受診して原因を突き止めることが大切です。

カラコン人気ランキング

人気芸能人のカラコンレポ

ワンデーカラコンの口コミ

ナチュラルカラコンの口コミ

盛れるカラコンの口コミ

人気のカラコンの種類

人気のカラコン通販

カラコンについて

このページの先頭へ